--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
11.10

背景紙?

Category: 日記
すごく突然なのですが、背景布ってありますよね。
興味はあるのですが、どんなもんなのかよく分からないので
導入は見合わせています。

でも背景が味気ないと、おもしろくないので、
いつもどおり、ないので作ってみたのですよ。

背景紙を…。

撮って出し
家庭用のプリンターで紙に印刷しただけの代物
を張り合わせただけなので、繋ぎ目が残ってたり、画鋲がぶっ刺さってたりします。

レタッチ後
ある程度目立たないようにレタッチします。
最終的には、さらにエフェクトをかけるので、適当処理です。
正直、この時点でイメージどおりなので、ここで終わらせてもよいのですが
そこから蛇足的にいじくるのがアラタクオリティ
未開拓の死角に打ち込むブロー

レンズフィルター適用前
この上にヴィンテージっぽい色のレンズフィルターをかけると
以前の記事であげた写真の完成です。

これぐらいの大きさにダウンサイジングすることが前提であれば、
自作の背景紙でも十分な気がします。




usual suspects
元ネタは、これ。映画のユージュアルサスペクツ。
元ネタと言うほど似せていませんので、元イメージかな。

1995年に撮られた映画ですから、もう15年以上前のものです。
とは言え、評価の高い映画だと思うので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

サスペンスものなので、真相が分かってしまえば
何度も見返すという類の映画ではありませんが、
すごくいい映画だったと思います。

この映画で、ケビン・スペイシーはアカデミー助演男優賞を獲りました。
でも僕的には、同時期に上映されていたセブンの方が印象として強烈です。
映画自体も5本の指に入る好きな作品です。
すごく暗い映画ですが。
当時のブラッド・ピットはもうこの世のものとは思えないかっこよさでした。
今もかっこいいおじさんですけどね。
モーガン・フリーマンも渋くてかっこよかったです。
で、ピットの嫁のグウィネスもはかなげで美人さんでしたねぇ。
離婚しちゃいましたけども。
監督で映画を選ぶということはあまりしないのですが、
デビッド・フィンチャーは好きな監督の一人です。

ふむ。
順調に話が脱線しましたので、今日はこのへんで。

さよなら
さよなら

さよなら
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://aratalabo.blog.fc2.com/tb.php/34-e9a04017
トラックバック
コメント
私のところの背景はダイソウのプレゼント用ラッピングですw
昨日ダイソウを覗いたらクリスマス用ラッピングがありましたので、あとで購入して壁紙にしまーす^^
背景布をネットで注文するのが面倒なら、白い布を自分で染めるか、染料用の絵の具で絵を描きますか?w
ハンズでカーテンの切れ端で代用される方もいましたね~^^;

あっ!会社に行けばA1カラープリンタ転がってね?それで印刷すればいいんじゃね?ww
らめっこ❤dot 2011.11.11 22:27 | 編集
> 私のところの背景はダイソウのプレゼント用ラッピングですw
> 昨日ダイソウを覗いたらクリスマス用ラッピングがありましたので、あとで購入して壁紙にしまーす^^
> 背景布をネットで注文するのが面倒なら、白い布を自分で染めるか、染料用の絵の具で絵を描きますか?w
> ハンズでカーテンの切れ端で代用される方もいましたね~^^;
>
> あっ!会社に行けばA1カラープリンタ転がってね?それで印刷すればいいんじゃね?ww

いろいろなやり方がありますね^^
創意工夫して写真を撮るのも室内撮りの楽しいところかなと思います。
ARATAdot 2011.11.12 08:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。